カテゴリ:マルティーニ・ロータス 79 1/20( 7 )

1/20 ヘルメットの製作記

b0163792_18361017.jpg
1/20のマルティーニロータスとタイレルにドライバーが付属されていたが載せないのでヘルメットのみ製作する。


製作記
b0163792_18382229.jpg

ドライバーの顔をルーターで削り取る。
外形がイビツなのでパテ盛りヤスリがけサーフェイサー吹き。




塗装
b0163792_18414573.jpg


シールドの作成
b0163792_18420219.jpg
透明プラ板を適当に切り、適当な金属棒に巻きつけ、電気ストーブ等でやんわりと熱を加え曲げる。




現物あわせでハサミでカットして整形。
b0163792_18443207.jpg




デカール貼り
b0163792_18461532.jpg

縁と中の緩衝材をつや消し黒を塗って完成。
b0163792_18471571.jpg



b0163792_18490844.jpg




b0163792_18493039.jpg

ティレル用は未完成。

[PR]
by hippariya | 2014-11-15 18:52 | マルティーニ・ロータス 79 1/20 | Comments(0)

タミヤ マルティーニ・ロータス 79  1/20 完成写真

b0163792_23244258.jpg



b0163792_23250078.jpg






b0163792_23251514.jpg






b0163792_23254494.jpg






b0163792_23261089.jpg








b0163792_23263255.jpg








b0163792_23270243.jpg





b0163792_23271764.jpg
後ろのカウルが浮いてぴったり付いてません。接着剤で付けるとせっかく作ったエンジンが見えなくなるので、今のところ接合する勇気なし。
付属のドライバー人形は今回製作しない方向です。

[PR]
by hippariya | 2014-10-10 23:35 | マルティーニ・ロータス 79 1/20 | Comments(0)

タミヤ マルティーニ・ロータス 79  1/20 製作記 その4 完成

b0163792_19282062.jpg
エンジンとトランスミッションを合体。



b0163792_19292433.jpg
おぞましいほどぴったり接合出来た排気管。
さすがタミヤ。
某メーカーの時は合わないので取り付けなかった事がある。


b0163792_19332078.jpg



b0163792_19340982.jpg


b0163792_19342990.jpg


b0163792_19345349.jpg
デカールの上にクリアーは吹いているが研ぎ出しをするほど厚吹きはせず。
リベットまで削ってしまいそうなので。
言うても研ぎ出しで上手く行った事おまへんけど。
次は挑戦しゃんといかん。


完成。
b0163792_19382841.jpg



b0163792_19390894.jpg

まさかの完成、ほっとしました。

キットの評価・・・★★★★★

出来栄えは・・・★★★★★
(自分に甘い)

次はラリーカーのセリカ GT-FOUR です。

これでプラモ7 ギター3 の時間配分を明日からプラモ4 ギター6 にしよう。

[PR]
by hippariya | 2014-10-08 20:04 | マルティーニ・ロータス 79 1/20 | Comments(0)

タミヤ マルティーニ・ロータス 79  1/20 製作記 その4

b0163792_18585334.jpg
完成が見えてきたし病院にもいかなあかんし、超特急で組上げて行く。


b0163792_19001936.jpg
ここいら辺は最終的に見えなくなりそうだが、今回はまじめに作る。




タミヤの別売りシートベルトセット(たしかAセット)を組み込む。
b0163792_19013503.jpg



ノーマルキットではカウル類取付用ファスナーを21番のデカールで行うが、シートベルトセットに、それ用のエッチングパーツが付いている。
b0163792_19025338.jpg




メーターはとてもステキやん。
b0163792_19054852.jpg


フォード製DOHC・V8エンジンはどえらい馬力を発生させるのである。(カーグラフィックTV・星飛馬の声で)
b0163792_19063426.jpg
b0163792_19101512.jpg
b0163792_19111199.jpg

4輪ディスクブレーキはどえらい制動力を発生させるのである。(カーグラフィックTV・アムロ・レイの声で)
b0163792_19114013.jpg

b0163792_19133905.jpg
トランスミッション
b0163792_19135810.jpg

b0163792_19144850.jpg
本日はここまで。
あほの暇つぶしに付き合ってくれてありがとう。
*****************************************************************************


[PR]
by hippariya | 2014-10-07 19:17 | マルティーニ・ロータス 79 1/20 | Comments(0)

タミヤ マルティーニ・ロータス 79  1/20 製作記 その3

b0163792_06140337.jpg
デカール貼りだよ、全員集合!

発色の良いカルトグラフ社のデカールですが曲面になじみにくい。

だからいいじゃん いいじゃん いいじゃん あれも出しちゃお 出しちゃお 出しちゃお
b0163792_06182481.jpg
これが無いと話にならん。
マークソフターをデカールが密着しない所にドボドボに塗る、そして乾かすを繰り返す繰り返すぅさざ波のように~

注意点 その1
b0163792_06211192.jpg
さい銭箱に 100円玉なげたら 1000円帰ってくる 人生がいい   おぃ!





注意点 その2
b0163792_06244381.jpg
止まらない ハー ハー フィリコ フィリコ トゥ ミヒヒヒヒィ
1本物のデカールをカットして分割しなければならない箇所が有ります。STAP細胞は有りますっ!


b0163792_06280349.jpg
MARTINIのマークの左右の隙間が異なってしまう。
これは文字のRとTの間で分割したかったのだが下に貼ったデカールがずれていた為。



b0163792_06321193.jpg
こちらはAとRの所で分割するはめに。

このミスは想定の範囲外。
しかし妥協の範囲内。


b0163792_06345890.jpg
継ぎ目は重ね合わせてカッターナイフでカットして余った部分をはがすか、両方の端を少し重ねる感じでカットして、すこし段差出来るのを目をつぶるか。


丸23番のMARTINIマークはスカした時の予備みたいな感じですが説明書には不掲載。
b0163792_06422900.jpg


b0163792_06453736.jpg
ここをスカしたらゼッケン2のを使える。
b0163792_06470187.jpg
ゼッケン2の方がカッコええけど、ゼッケン1はマリオアンドレッティやさかい。
なんでそれがええかちゅうと、がきの頃なんとなく名前を聞いたから。
ジャッキーイクス、クレイレガッツォーニ、ニキラウダとか


次回につづく
***************************************************************************


[PR]
by hippariya | 2014-10-02 07:18 | マルティーニ・ロータス 79 1/20 | Comments(0)

タミヤ マルティーニ・ロータス 79  1/20 製作記 その2

b0163792_11563451.jpg
一時期は製作を放棄したロータスだったが、乗ってきたぜ、ヘーイヘイ フィリコ フィリコ トゥ ミヒヒヒヒィ
シェケナベイベー
タミヤのブラモの唯一の欠点として、組立図にクレオスの塗装色番号が明記されていないので、それらしい色を配合する必要がある事。

今回はグリーンとブラックとブルーを混ぜて、自分が想像するブリティッシュグリーンを作る。
b0163792_12030451.jpg
継ぎ目に瞬間接着剤を流して隙間を埋めるがどうしても上手くいかない所にラッカー系ときパテを使用。(ネズミ色部)
全体のサーフェイサーはホセメンドーサなのでホセピピノクエバス。
b0163792_12224543.jpg

b0163792_12230922.jpg

b0163792_12255494.jpg
次回はデカール貼り。

***************************************************************************
ビンビンテージがまた押入れから出てきたので洗浄作業する。
b0163792_12283079.jpg
蓋が固い時は、ハンマーで軽くたたく。
ビンを叩くと割れる。
b0163792_12300147.jpg
それでも開かない時はクサビを突っ込む。
指を突くと怪我するので注意。
b0163792_12322451.jpg
水性なので水中にどぶ浸け。

*******************************************************************************


[PR]
by hippariya | 2014-09-29 12:39 | マルティーニ・ロータス 79 1/20 | Comments(0)

タミヤ マルティーニ・ロータス 79  1/20 製作記 その1

ハセガワのセリカ1600GT 1/24を作りたいのだが、ゼニコもったいないので、在庫のマルティーニ・ロータス 79を製作する事にした。
b0163792_01373041.jpg




以前、難しくてほったらかしにしていたと書いたが、次の箇所です。
b0163792_01402096.jpg
黄色丸の部分の合わせ目を消すのが、Rが付いているので難しい。




割りと形状が複雑で分割している所が多いので、仮組してからやった方が、よろしおまっせ。
b0163792_01423017.jpg


ボディ側面に付くパネルで白丸の部分が小さいリベットの凸になっていて、仕上げのペパーやすりが掛けられない。
b0163792_01445783.jpg
穴を開けてピンを刺す方法もあるが、径が0.1ミリくらいなので、ようせん。
いっそのこと削ってしまおうか。






細い線のデカールが有る。
b0163792_01491293.jpg
以上、素人のわしには難しいが、手抜きでサクサクと作って行きたいと思います。
*************************************************************************



[PR]
by hippariya | 2014-09-19 01:53 | マルティーニ・ロータス 79 1/20 | Comments(0)