カテゴリ:白血病( 2 )

骨髄移植して60ヶ月たったど~

b0163792_15495626.jpg
骨髄移植(正確に言うと末梢血幹細胞移植)して5年(60ヶ月)たちました。
今まで生き延びる事が出来ました。再発の心配もほぼ無しのところまできました。

お医者はん、看護師はん、見舞いに来てくれた方、見舞い品を下さった方、有難うございました。
さらに、骨髄バンクに登録されている方、有難うございました。

[PR]
by hippariya | 2015-11-14 15:57 | 白血病 | Comments(0)

白血病治療経過 ・ 幻の食材

2010年3月に急性骨髄性白血病を発症し治療を開始して約32ヶ月、移植をしてから約25ヶ月が経ちました。
発病した時は精神的ショックが大きかったのでブログにもほとんど触れずでしたが、血液の数値も安定してきたので、気が向いた時に色々と書いて行こうかなと思います。


発病して入院し、まず主治医の先生が病気の説明をすると言う事で説明を聞きました。
「あなたが罹られたのは完治可能な血液のがんです。」ということでした。
完治可能という言葉にほっとしたのもつかの間、病気の説明が書かれたプリントを渡され、あなたの場合は甘く見積もってこのグラフの 予後中間群 に相当しますと言われた。
b0163792_0102729.jpg

よーーーくグラフを見ると2500日後の生存率が26パーセント。
「先生これは生き残れるのが26パーセントという事ですか」とたずねたら
「そうです、あなたが変なおじさんです」
♪変なおじさん だから変なおじさん  ダッフンダ

あかんやん、わし死んでまうやん。 ダッフンダ



あれから約950日が経ちましたが、幸運にもまだ生きてるわけで、憎まれっ子世にはばかるとは上手く言うたもんです。






それから入院後8ヶ月ほどして移植治療を行いましたがその場合の生存率グラフは・・・・・・

b0163792_0302183.jpg


移植後約25ヶ月が経ってグラフが水平部にさしかかろうとして来ました。
なんとか生き残れそうにしてくれはったみたいなムードが出てきました。
再発しないように願うばかりです。





で今日定期健診に行って血液検査した結果です。

b0163792_045317.jpg


赤血球、白血球、オッパッピー、血小板がほぼ正常値です。

フェリチン(輸血により身体に貯まるタンパク質に鉄が結合した物質)が身体に悪い物質で、数値が高いのですが血を抜いて徐々に減らしているので心配ないそうです。







ちなみにガンガン輸血している時のフェリチン数値は5036とブッ飛びです。

b0163792_056550.jpg




ついでに移植前の抗癌剤がゴリゴリに効いていた時の数値だす。

b0163792_112933.jpg


白血球と血小板がほとんどあれへんかったのだ。

バイ菌マンの数値CRPも高い。

ゆえにアンパンマンを大量摂取。

*****************************************
病院の帰りに病院の前が大型スパーイオンちゃんに珍しいカップ麵が無いか寄りました。

特に珍しい物も無くレジも混んでいるので何も買わずに店内の魚屋さんをのぞいたら幻の食材発見。

その食材とは

More
[PR]
by hippariya | 2012-12-05 01:26 | 白血病 | Comments(4)