エスカッションの交換

プラスチック製のエスカッションのヒケ(成型時の収縮によるひずみ)がえげつないので交換する事にした。
b0163792_12410165.jpg
b0163792_12462280.jpg

日本橋の千石電機で購入。
b0163792_12481180.jpg
b0163792_12491034.jpg
だいぶましやけど、まだヒケはあるので削る事にした。

ちなみに1個180円。
金属製で銀色のかっこええのがあったが2850円でちょっと高いし2個必要やしやめといた。
見た目上もちょっとギャンブルな感じやし。
さらに厚みを合わせるのに加工せんといかんので買わなくてよかったかもしれん。



b0163792_12560574.jpg
タミヤの400番のヤスリを平面の板の上に当てて削る。




b0163792_12582182.jpg
全面にヤスリが当たるようになったら、順次目の細かいのに変えてゆく。

b0163792_13000146.jpg
コンパウンドで仕上げ。
b0163792_13003810.jpg

完成。
ちなみに厚みがフロントで2.5ミリ、リアが5ミリで購入したのがそれより厚かったので削った。割と手間がかかります。
b0163792_13033159.jpg
かっこようなった。とても満足。誰もわからんやろうけど自己満足の世界やで。


b0163792_13052217.jpg




千石でええピックアップがあったら別のギターで変えたいのがあるので物色してみたがゴトー製とギブソンのしかなかったので、
ガックシ 学習院大学。
なので今回は見送り。


[PR]
# by hippariya | 2018-03-01 13:16 | ギター | Comments(0)

むかしに買ったバンドスコア VOYAGER


b0163792_03035002.jpg
最近はちょこっとベースも練習しとる。

洋楽のTAB譜なんかはyoutubeで腐るほどありまっけど邦楽はあんましありまへん。
耳コピーせえちゅう話やけど、わいをなめたらあかんで。

むかし買うとった(1985年頃)ユーミンのバンドスコアが出てきた。
Tropic of capricornちゅう曲なんかのイントロはスラップベースでかっこええ。

ああ、買っててよかったバンドスコア。
b0163792_03120173.jpg
当時はLPごとにバンドスコアが出とった。
いまやったら10万円出しても買うとったのに、ああ嘘、嘘。



しかしレベッカはんは太ったな。
b0163792_03165699.jpg
どこで~ こわれたの oh フレンズ

ちゅう感じでんな。

[PR]
# by hippariya | 2018-02-20 03:19 | ギター | Comments(0)

おばちゃんの運転には注意するのだ。

毎朝夕に犬の散歩で近所の信号のある交差点を渡るのですが、今まで1年間に4回ほど怖い思いをしたのだ。
b0163792_01152672.jpg
右折で曲がってくる車が減速せずに、むしろ加速してワイに近づいてきたり、横すれすれを結構なスピードで通過したり。
マジで怖いでっせ。
とっさに「ボケ」とか「あぶない」とか叫ぶと気が付いていなかったパターンと操作ミスのパターンがあるかんじ。
今まで60歳代おばちゃん2回。30歳代主婦風1回、70歳代じいちゃん1回。

最近の車は前のピラー(柱)が太いのも一因か、そして流行りのオートマブレーキの踏み間違いとか、運転に対しての正しい心構えの欠如
とか。
兎に角、心して運転したら、ほとんど防げるとおもうけど。


昨日も岡山県で70歳のおばちゃんの車が原因の事故で小学生の命が亡くなってしまった。

わいも気をつけんといかんな。

[PR]
# by hippariya | 2018-01-31 01:37 | 日常 | Comments(0)

ハセガワの1:24シビック買う

ハセガワの1:24シビック買う
b0163792_02313948.jpg
この車はわしが19か20歳の時に初めて購入した車やから特に思い入れがある。
但しこのキットはRS(ロードセイリングの略?)グレード。わしが乗ったのはGLグレード。
RSはツインキャブでGLはシングルキャブでパワーが違った。

4万キロ走行で40万円でホンダのディーラー系中古車販売店で購入したが、コンソールボックスの中から整備手帳的なものから走行距離6万8千キロの記載のものが出てきて店の営業マンともめた。(数万円のキャッシュバックで許したる)
当時はメーターを電動ドリルにつないで距離戻す行為が流行していたようだ。チンピラメーカーのやりそうなこっちゃ。

車の性能についてはエンジンの特性は良かったがその他はひどかった。
まずはクラッチワイヤーの先端連結金具がアルミムダイキャストで出来ていてクラッチペダルリンクの接合部で破損して走行不能となる。
丁度勤め先の駐車場に入れた所で事なきを得たが。

サスペンションのアーム類のジョイント軸受け部がゴムで出来ていて劣化でゴソゴソになり、タイヤを両の手でもって揺さぶると2センチほどガタついた。
ある時猫が飛び出してきて急ブレーキを懸けると180度スピンした。
強い目のブレーキを踏んだ時もケツを振って止まった。

当時は速度警告ブザーが付いていたがセンサーが馬鹿になってずっと鳴りっぱなしになっり鳴らなかったり。

タコメーターのワイヤーが外れる。(当時は機械式)

ボディーが軽くて良く走ったが造りがチャチというのがわしの感想。

b0163792_03145262.jpg








[PR]
# by hippariya | 2017-12-11 03:18 | ホンダシビック 1/24 | Comments(0)